人気曲というのは、コピーのしやすさも大事な要素なのか?

  • 2020.03.23 Monday
  • 10:08

 

先日、高音弦側の音を歪ませて1オクターブ下げて、という話を致しました。

オクターバーというエフェクターに歓喜する!

 

何を弾いたのかといいますと。

これです。

これのバッキングパート。

さすがにギターソロは無理でしょ。

コピーする気がしません。

曲の間中、ずーっとバッキングリフです。

 

やってみてわかった。

リフ自体は簡潔。

4小節ひとまとまりのフレーズをずっと繰り返せばいい。

それが、

  • 基本リフ(歌のときもギターソロも同じ)
  • サビ部分
  • ソロ前とエンディング

の3種類だけ。

 

結局3つのフレーズを覚えたら終わり。

(細かいことを言い出したら3つじゃ済まないけどさ)

 

この曲、あちこちでバンドとしてコピーされたりしています。

覚えやすさ、コピーのしやすさというのも大きいのでしょうね。

 

 

 

耳コピ、動画でコピー 一長一短の “Indiscipline” 攻略戦

  • 2020.03.11 Wednesday
  • 10:56

 

耳コピの方が、創意工夫の余地が出ますね。

手が付けられない理解不能の演奏に対し無力ですが。

 

逆に動画だと、やり方が一発で理解できる。

但しその代わりに試行錯誤の余地がなくなりますが。

 

 

前回出した話の続きです。

“Indiscipline”の譜面を拾っていたことに気付いた

続きというか、実際に“Indiscipline”を弾いてみて。

 

高音弦は割に簡単。

弦移動なし。

延々と同じところを押さえ続ければ十分です。

一部音程は変わるけど、押弦の手の形は同じ。

「人差指で押さえた弦の2弦先、2フレット後」というような形式はそのまま。

 

問題は低音弦。

5拍子自体は無問題。

押弦の位置ですよ。

どう頑張っても、5フレットは移動しないと演奏できない。

8兪宛紂しかも各小節ごとに。

両手でするならともかく、左手のみで弾くのはキツくない?

 

高音弦を弾いてる右手を補助に使う?

低音弦の離れた押弦のみ右手を使う?

しかしこの曲については無理がある。

ポリリズムを採用しているため、押弦のタイミングはどんどんずれる。

(高音・8分の12拍子 低音・8分の15拍子)

間違いなく、右の処理が追い付かなくなる。

 

どうしよ?

 

動画だ!!

 

3:38で、早速トニーさんの左手の動きがわかりますね。

あと、3:42〜3:53とか。カットは変わっていてもトニーさん自体は映っている。

4:23みたいに大きく映っていなくても十分ですわ。

 

あーなるほど。

やっぱり左右の手で高音・低音は分けてんのね。

そして、左は5フレット移動をやっているのね。

 

やっぱりわかんないことも出た。

あの押弦位置で、あの音は出たかな?

チューニングを変えてる?

 

まあ少し身体になじむまでやってみましょう。

いい練習課題ですね。

 

 

 

 

 

“Indiscipline”の譜面を拾っていたことに気付いた

  • 2020.03.10 Tuesday
  • 08:33

 

ネット上を徘徊していて、面白そうな画像だのがあったら落としておいたりすることがございます。

で、そのままほったらかし。

 

「ダウンロード」フォルダを整理していると、えらいものが埋もれていることがわかった。

 

この曲の譜面ですよ。

今、こんなラインナップなんすね。

ドラム3台がステージ前面。

 

アルバム収録の原曲は、違法アップロードしてるのしかなかったので。

 

原曲は、ドラム1台・スティック1本・ギター2本という編成。

2-3クラーベを1拍引き戻したようなフレーズがずっと続いてます。

3:38からがメイン。

 

ベースラインだけ5拍子なんです。

トニー・レヴィンさん、

タータッ、タッ、タッ、タッ、てなフレーズを高音弦で弾きつつ低音弦は5拍子

一人ポリリズム大会です。

 

まーた変なのに手ェ出して

 

いや〜すいませんね、全く。

渡辺謙さん口調で「(譜面が)読めなぁい!!」

  • 2020.02.16 Sunday
  • 07:25

 

ハ〇キルーペでも解決できません。

かけても世界はまったく変わってくれません。

 

 

調子記号の#が3つ。

F(ファ)、G(ソ)、C(ド)は常に半音上げて演奏する必要があります。

 

そしたらさあ。

ドのところに#がついてるのよ。

 

???????

 

更に半音上げて、D(レ)で弾けってこと?

だったら最初っからDで表記すりゃいいじゃない。

 

4小節後の続きでようやく理解する。

C#からCと半音下がっていくのね。

ああなるほど、いきなり♮だけつけたら意味が分からないから、#をつけたのね。

で、4小節単位で進むフレーズなんで、#を付けっ放しにしてしまったのね。

 

 

や や こ し い わ !

 

もうちょっと丁寧に仕事してくれません?と思ってしまいましたとさ。

めでたしめでたし。

楽曲習得!! 初めは雑なものを最後まで通して完成させましょう!

  • 2019.10.07 Monday
  • 07:40

細部の作り込みは後からでいいじゃない、って話。

基本的な曲の展開をしっかりと把握して、そこから細かい部分を詰めればいいんじゃないの?ってことです。

ひとつひとつ覚えても、次セクションで「え、次なんだっけ、アレ?」ってなると、曲の流れから置いてきぼりにされて目も当てられないから。

取り敢えずは大雑把な演奏だけでもできるようになるといいかなと。

コード進行とかスネアの入る位置レベルのね。

 

似たような思いになったことがつい最近あったんですよ。

 

本業の方で。

パワーポイントを作って他人様の前でプレゼンする機会を頂戴致しました。

(前に書いたか、これ)

そうなるといい加減なものは出せない。

しっかりと話の展開・ネタを作り込む必要が出てまいります。

持ち時間に収まるように取捨選択する必要がある。

時間オーバーは論外だし、

さりとて余り過ぎもねえ。

 

で、パワーポイント作り。

フォントの字体、大きさ、配置、色、囲み、etc.

やりだしたらキリがない。

なんか面倒臭くなってきて、とりあえず予定のネタだけざっくりと入力したんですよね。

そしたら、大体の大枠だけなんとかできあがった。

できてみると、こっちの方が楽ですよね。

気分的に。

一応形は出揃ってるので、最悪このデータを使用すればなんとか凌ぎ切れる。

 

で、改めて見て、詰めるところや追加するところなんかも見えてくる。

まずまずいい感じです。

期日には間に合うかな?

イメージトレーニング!! 原曲を聴いて想起できるか?

  • 2019.07.06 Saturday
  • 07:02

先日の頑張って曲を覚えているとき。

チャップマンスティックでの曲習得です。

毎日毎日ずっと同じ曲を、繰り返し繰り返しひたすら電車で聴き続けていく。

一方で、家でもひたすら譜面に合わせて運指の練習を続ける。

 

そうしていくうちに、曲を聴きながら運指の真似事をなんとなくしてしまうんですよね。

 

原曲を聴いていて、それに合わせて運指をイメージできているかどうか。

あいまいだったり勢いでごまかしているところ。

実際に弾いてみると、やっぱりあいまいで何となくごまかしている。

結局そこをまた重点的に弾き直すんですよね。

よりテンポを落として、とにかく正確に運指ができるようにやり直す。

 

その部分ができるようになると、電車の中で原曲を聴き直していても、

しっかり自分の指の動きがイメージできるんですよね。

手のポジションもきれいに決まる。

そうしたら、まずは一山越えたかな、と。

 

ただ、他の乗客の皆さんごめんなさい。

座席で目の焦点が合わぬ無表情で、両手をチャカチャカ動かす姿、

 

 ど う 見 て も 不 審 者 で す ね !

 

 

セクション単位の練習!! 次の1拍目も弾いておこう!

  • 2019.06.17 Monday
  • 07:17

曲を覚え練習していたときに関して、備忘録も兼ねてます。

 

とかやっていたときにあったのです。

ブレイク時のキメフレーズ、ギターソロのバッキング、

それぞれある程度弾けるようになった。それはまあいいんだ。

問題は、連続して弾くことができないこと。

 

キメを弾く。

サラサラと綺麗に決まる。

さあギターソロだ。

 

……あれ?次はどこを押さえるんだっけ?

 

手が止まってしまう。

押さえるところを確認して、さあ用意ドン。

またサラサラと流れるようにベースラインが進んでいく。

 

でも、それってダメでしょ?

曲は止まっちゃくれないんだから。

この辺りのつなぎについて、かなり難儀しました。

 

今度曲を覚えるときは、ここの反省を踏まえて。

次セクションの冒頭も弾くようにします。

再現させるのは!! 楽譜の音符より曲の流れかい? 

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 07:19

の楽譜の解説にあったんですよ。

 

あのベースライン、1オクターブ上の同音を混ぜるような演奏をするんですね。

 (例:♪♪ ♪♪♪♪ 色違いだけ1オクターブ上)

 

解説では、それが大変だから

♪♪♪ ♪♪♪♪でも構わないと。

 

こういうのって、本当に嬉しいし心強いですよねえ。

完コピできるに越したことはないけれど。

音を外したり皆から遅れるぐらいなら、無難にまとめた方がいいってことですよね?

それも解説の方でやってもいい、構わないと後押ししてくれる。

 

楽曲として聴けるなら、大外ししない程度に崩してもいいんだ

そう思うだけで、とても楽になります。

 

実際、完コピができないので崩しました。はっはっは。

オクターブ上の演奏は、スティックではそんなに難しくないんだけど。

他の部分でね。

精神と時の部屋!! 個人練習でやっぱりクラクラ!

  • 2019.06.02 Sunday
  • 06:15

仕上げというわけで、スタジオを借りて個人練習に入りました。

 

演奏本番のシミュレーション、忍び装束その他装備一式を仕込みます。

窓も何もない、二重扉の防音完備。

誰にも見られる心配がないからこそ、この格好ができる。

それでもスタジオの方が入ってこないことを祈るばかりです。

 

ガチャッ

すいませーん、ちょっとお伝えしたいことがあああああぅ

 

となるのが目に見えてますので。

そのあと今後は気まずくなって自主的に出入り禁止状態ですね。

私が一体何をしたというんだい……。

       ↑十分やってるやん

 

 

とりあえず、視界が予想以上に狭い。

指板がちゃんと見えない。

家だとできたことが、意外にできない。

曲をイヤホンで聴きながら、演奏で合わせます。

何度も何度も合わせます。

 

セロ弾きのゴーシュじゃないけど、なんだか本当にくらくらして、どこを弾いているのかも分からなくなってくる。

それでもつっかえる箇所がある。

 

そうこうしているうちに時間一杯。

やるだけのことはやった、ってことで。

言い出したらきりがない。

天命を待つとしましょう。

 

下ばっかり向いてるから、なんだかとにかく肩が凝る。

続・紅X攻略戦!! 低速走行で運指を確認!

  • 2019.06.01 Saturday
  • 06:32

寝る前⇒寝起き を繰り返し。

各セクション単位で運指の順番をなじませて。

原曲無視のテンポではありますが、どうにか一通り止まることなく演奏できるようになりました。

 

始めのうちは、セクションが変わる度に止まってしまう。

で、運指の位置を確認して、そこから弾き始める。

つっかえつっかえしていたのが、徐々につなげていけるようになる。

「このままではマズイ」という危機感で、覚えきれるものなんすね。

 

この一連の数日間で思ったこと・学んだことは、別途それぞれの項目で上げていきましょうね。

私自身の備忘録も兼ねて。

 

あとは通しできちんと演れるかどうか。

 

最近は再生速度をコントロールできるんですよねえ。

8割ぐらいのテンポに落として、それを聴きながら合わせています。

とにかく低速で、手順をしっかり踏めるように練習しています。

 

なんとか期日までには間に合うメドがついてきました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM